郵政民営化でゆうちょはどうなる?Q&A

2008年01月10日

松本清張旧居の保存活動にゆうちょ銀行も一役

「天国と地獄」、「点と線」などの小説で有名な作家・松本清張

(1909〜1992)さんの旧居の保存活動にゆうちょ銀行銀行が一役かって

います。

まぁ、保存活動の募金の振込先がゆうちょ銀行というだけなの

ですが...


松本清張さんの旧居の保存活動を進めているファンの会「清張の会」

(北九州市)が募金活動を始めました。


目標額は3000万円ということで、会では、募金で旧居を買い取り、

修復工事をして、2009年の生誕100年に向けて一般公開する予定

とのこと。


木造瓦ぶき平屋の旧居は北九州市小倉北区黒住町にあり、朝日新聞

西部本社に勤務していた清張は1952年に「或る『小倉日記』伝」を

発表して芥川賞を受賞、翌53年に東京本社に転勤するまでここで

家族8人で暮らしていました。

同会の上田喜久雄事務局長(65)は「小倉の自宅は清張さんが有名に

なる前に苦労を重ねた場所。原点であるこの家を多くの人に見て

もらいたい」と話されています。


この旧居保存の募金額に決まりはないとのことですが、1口3000円

が目安とのことです。


振込先は
 ゆうちょ銀行 01790-5-95080 清張の会

問い合わせは同会 093-562-8860


松本清張ファンの方は、ぜひ旧居活動にご協力してみてはいかが

でしょうか?

タグ:松本清張
posted by はま at 16:09| Comment(38) | ゆうちょ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

ゆきだるまの小包便がピーク

北海道安平町の早来(はやきた)雪だるま郵便局の名物、北海道の

雪をゆきだるま型の発泡スチロールに詰め込んだ雪だるまが、発送

のピークを迎えています。


この雪だるま、高さ45センチと55センチの2種類で、昨年までは、

ふるさと小包として販売されていたそうなんですが、民営化に

伴い、ふるさと小包では扱えなくなったため、ゆうパックに切り

替えたそうです。


この郵送法の変更の影響で、例年のようにPRが行き届かず、思わぬ

苦戦を強いられているそうです。


このゆきだるま便は、雪を見たことがない人たちに本物の感触を知

ってもらおうと、1986年に発送がはじまりました。

日本最南端の有人島、沖縄県の波照間(はてるま)島では、一昨年

、到着した雪だるまに島民全体が喜んだということです。

また、東京の幼稚園からは20年来、雪だるまのお礼に園児たちの絵

が届くということです。


こういう心温まるサービスはずーっと継続して欲しいですね〜。

タグ:ゆきだるま
posted by はま at 16:11| Comment(0) | ゆうちょ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

ゆうちょ銀行、香港上海銀行とキャッシュカード利用で提携

ゆうちょ銀行は、世界大手金融グループ、イギリスHSBC傘下の香港

上海銀行とキャッシュカード利用で提携することになりました。


香港上海銀行は、日本において個人富裕層向けに来年1月31日から

「HSBCプレミア」という金融サービスを行うのですが、その時に

発行するキャッシャカードについて、ゆうちょ銀行とセブン銀行

と提携し、両行のATMでも利用できるようにすると発表しました。


ただし、ゆうちょ銀行とセブン銀行での引き出し無料は月5回まで

で、それを超えると手数料105円がかかります。

なお、セブン銀行では、2008年12月31日までは利用回数に関わらず

すべて無料とすることです。

posted by はま at 13:11| Comment(0) | ゆうちょ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

ゆうちょ銀行、国際送金などサービス拡充

ゆうちょ銀行は、銀行口座あて国際送金の対象国を現在の24カ国から

65カ国に拡充しました。

ゆうちょ銀行の国際送金には、住所あてと銀行口座あての2種類が

あるのですが、銀行口座あては、他行に比べて送金にかかる日数や

手数料が有利で、実績が着実に伸びているそうです。


ですので、ゆうちょ銀行としては、送金対象国に経済発展の著しい

インドやシンガポールなど41カ国を追加し、よりいっそうの利用増

を図りたいとの考えのようです。


個人的には、国際送金を利用したことがないのですが、利用する

人にとっては、手間や料金がお得なことは良いことですよね〜。


特にシンガポールは、投資優遇国として有名で、株売買などの税金

が安いことで有名ですよね〜。

タグ:国際送金

2007年12月04日

正月三が日もゆうちょ銀行のATM稼動

やはりこれも、民営化の影響でしょうか?まぁ、私たちからすると

良い影響ですが....

ゆうちょ銀行が、来年の正月三が日にATMを稼動させると発表しま

した。なんと正月三が日の稼動は、公社時代も含めて初めてとの

こと


それでちょこっとだけ注意なのですが、正月三が日に稼動するATM

は、現在、日曜・休日でも稼動しているATMに限るということです。

全国約8400カ所の約1万2000台が対象になるそうですよ。


稼働時間は原則として、通常の日曜・休日と同じで、さらに提携先

のセブン銀行のATMも手数料210円で利用できるとのこと。

4日からは通常通りの稼働となり、年末の29、30日については、通常

の土日通りに稼働し、大みそかは稼働台数は平日通りだが、開始

時刻が遅くなったり、終了時間が早くなったりする店舗があるので

注意してくださいとのこと。


まぁ、ともかくゆうちょ銀行も民営化されて、他の金融機関と同じ

ようにサービスが良くなっていくのは大歓迎ですね。

タグ:正月三が日
posted by はま at 08:20| Comment(0) | ゆうちょ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

ATM手数料を無料から有料にする銀行が!

今、この時期にATM手数料を無料から有料にするところが出てきまし

た。かなり時代の流れに逆行しています。


ここ最近の各銀行のATM手数料の流れとしては、コンビニでの平日

昼間の手数料を無料化したり、時間外手数料までも無料化したりと、

無料化の流れです。


このATM手数料無料化の流れの中での、有料化!

いったいどこの銀行でしょうか?


実は、このATM手数料有料化を行ったのは、ネットバンク大手の

イーバンク銀行。


なぜ、有料化するのか?の問いにイーバンク銀行側は、

「VISAデビットカードの利用を推進したいめ」とコメントしています

が、実は、2007年9月の中間決算で、サブプライム問題絡みでナント

50億円の赤字をだしています。


結局は、その赤字分を手数料で穴埋めしようとしているのが、みえ

みえなんですけど。


どうなんでしょう?大赤字を出して、すぐさま顧客のサービスに

転化してしまう銀行って?


イーバンク銀行離れが加速するかもしれませんね〜。

タグ:ATM手数料
posted by はま at 11:13| Comment(0) | ゆうちょ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

ゆうちょ銀行が初の金利優遇キャンペーン

ゆうちょ銀行が12月3日〜28日の間、定期貯金の金利優遇キャンペーン

を行うそうです。


ゆうちょ銀行が優遇金利を行うのは、日本郵政公社時代も含めて

初めてとのことで、冬のボーナス支給時期の貯金獲得が狙いのよう

です。


ゆうちょ銀行において、上記期間、12月3日〜28日に1年もの定期に

50万円以上を新規に預け入れた個人を対象に、店頭表示金利に年

0.20%(税引き後0.16%)を上乗せするとのこと。


11月15日の金利でいうと、優遇後の金利は、年0.55%(税引き後0.44%)

になります。


う〜ん、それでもやっぱり貯金の金利は、低いですね〜。
タグ:金利優遇
posted by はま at 13:18| Comment(0) | 郵政民営化で定期郵便貯金は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ゆうちょ銀行、社外取締役の内定取消す

ゆうちょ銀行によると、社外取締役に内定していた桂利行・東大

大学院数理科学研究科長から就任辞退の申し入れがあり、内定を

取り消すと発表しました。


記事によると、桂氏は10月1日に取締役に就任の予定だったが、

大学側の手続きが遅れていたとのこと。


ゆうちょ銀行は、「なぜ大学側の手続きに支障が出たかはわか

らない」としているそうですが、単にゆうちょ銀行の社外取締り

役になるのが、桂氏本人がイヤになったからではないの?

と思うのが自然ですよね〜。


だって、手続きが遅れたなら待ってもらえば済みますから。

手続きが遅れたら就任を辞退します!って理屈が通らないような

タグ:内定取消し
posted by はま at 10:05| Comment(0) | TrackBack(2) | ゆうちょ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

ゆうちょ銀の資産運用の多様化にOK!?

ゆうちょ銀行とかんぽ生命が認可申請していた資産運用の多様化に

ついて、郵政民営化委員会が、基本的に認可が妥当とする意見書を

総務相と金融庁に提示したとのこと。


この郵政民営化委員会の意見書をふまえ、両省庁は、近く申請を認可

する見通しです。


まぁ、それはそうですよね〜、いずれ株式上場をしようとする企業

が、資産運用は国債とかだけだったら、どうもこうも運用実績があが

らなくて、収益に大きな影響をあたえますから。


でも、不安としては、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の巨大資金が、

どこに流れこむか、そして流れこんだ先の市場を荒らさないか?

というところです。


なんといっても、ゆうちょ銀行、かんぽ生命あわせて300兆円とも

言われてますから、どう運用するんでしょうねぇ、この巨大すぎる

資金を、親子何代遊んでくらせる金額ですかね〜。

タグ:資産運用
posted by はま at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆうちょ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

ゆうちょ銀行は独自クレジットカードを計画

そういえば、こないだニュースでクレジットカードのクレディセゾン

とゆうちょ銀行が、クレディセゾンのクレジット機能付のゆうちょ

キャッシュカードの新規受付を行わないと発表されていましたが、

その背景にはどうやら、ゆうちょ銀行が、クレジットカードを独自に

計画していることがあるようです。


さらには、その独自のクレジットカードを計画するにあたって、その

独自カード発行の業務委託先を、三井住友カードとJCBに固めたことも

他のクレジットカード会社の反発を招いたとのこと。


クレディセゾンの他にも、三菱UFJニコス、OMCカード、セントラル

ファイナンスなどが、ゆうちょ銀行との新規発行を中止するとのこと

です。


クレジット機能付の郵便貯金キャッシュカードを持っている方は、

充分にチェックされといたほうが良いですね。

更新がなくなるということですから、今までどおりクレジットで

お買い物しようとしたら出来なくなった!なんてことになりかねない

です。


あっ、これって、今まで溜めたクレジットのポイントはどうなるの

かな?もしかして全てパァー?...それはちょっと悲しすぎるかも

posted by はま at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆうちょ関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。